大麻所持の元福山大学サッカー部員に懲役1年執行猶予3年の有罪判決

5月8日、大麻取締法違反の罪に問われた元福山大学のサッカー部員に、広島地裁福山支部は、懲役1年執行猶予3年の判決を言い渡した。判決によると、男は2023年9月、広島県福山市内のコンビニで大麻植物片約0.989グラムを所持。また、ことし1月には同じサッカー部員から大麻リキッド約0.628グラムを代金7千円の約束で譲り受けた。

広島地裁福山支部の松本英男裁判官は、「大麻を紛失し、検挙のおそれを認識していたのに大麻リキッドを譲り受ける犯行に及んだ」などとして、「大麻への親和性が認められ、規範意識にも相当に問題がある」と指摘した。

一方で、「犯行を素直に認め、事の重大性を理解し、反省の態度と更生の意欲を示している」ことなどから、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡した。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ