妻の首を刺した広島市西区の64歳の夫を逮捕

5月2日未明、広島市で61歳の妻の首を包丁で繰り返し刺してけがをさせたとして、64歳の夫が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、広島市西区庚午中の無職、大岡義幸容疑者(64)。

大岡容疑者は2日午前2時ごろ、自宅で61歳の妻の首を包丁で繰り返し刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いが持たれている。

妻から警察に「首を刺された」と通報が寄せられ、駆けつけた警察官がその場で逮捕したということで、妻は病院に搬送され、命に別状はないという。

調べに対し大岡容疑者は、「もみ合いとなって、持っていた包丁が刺さってしまった」などと供述し、殺意について否認しているという。

警察によると、これまでに夫婦間のトラブルの相談は警察に寄せられていなかったということで、事件の詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ