3歳の女の子が広島市中区のタワーマンションから「ドーン」と転落

4月16日夕方、広島市中区の53階建てのタワーマンションの敷地内で、3歳の女の子が意識不明で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。消防によると、16日午後6時ごろ、広島市中区東千田町のマンションで付近の人から「ドーンという音が聞こえた」「子どもが倒れている」と通報があった。

警察によると、マンションの敷地内の植え込みに3歳の女の子が倒れていたという。女の子は顔面を強く打っていて意識不明の状態で病院へ搬送されたが、その後死亡が確認された。現場は53階建てのタワーマンションで、女の子はこのマンションの20~30階の高層階に住んでいたとみられている。

警察は、女の子がマンションのベランダから転落した可能性があるとみて慎重に調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
aki  
この様な書き込み大変失礼致します

日本も当事国となる台湾有事を前に 日本の国防を妨げる国内の反日の危険性が共有される事を願い書込ませて頂きます。

今や報道は無法国の代弁者となり、日本の国益は悪に印象操作、反日帰化の多い野党や中韓の悪事は報じない自由で日本人の知る権利を阻む異常な状態です。

世論誘導が生んだ民主党政権、中韓を利す為の超円高誘導で日本企業や経済は衰退する中、技術を韓国に渡さぬJAXAを恫喝し予算削減、3万もの機密漏洩など数知れぬ韓国への利益誘導の為に働きました。

当時の売国法に未だ後遺症を残し、今も内から中韓勢力の侵略が進む中、再びメディアに踊らされ国を失わぬ為に、各党の傾向を見極め、改憲始め国の強化成長が不可欠です。
しかし必要なのは、日本人として誇りを取り戻し 掛替えない自国を守る意識だと多くの方に伝わる事を願います。

2024/04/21 (Sun) 16:25 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ