JR広島駅のホームで新幹線にカップ麺が入った袋を投げつけた姫路市の男を逮捕

4月2日夜、JR広島駅のホームで走行中の新幹線に向かってカップめんなどが入った袋を投げつけたとして、34歳の容疑者が新幹線特例法違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、兵庫県姫路市の自称自営業、長谷川大致容疑者(34)。

2日午後7時ごろ、JR広島駅の新幹線の下り線ホームで、出発直後の新幹線に向かってカップめんやペットボトルなどが入った袋を投げつけたとして新幹線特例法違反の疑いが持たれている。

容疑者はもともとこの新幹線に乗る予定で、調べに対して「間違いありません」と容疑を認めているという。袋を投げつけられたのは鹿児島中央行きのさくら565号で、JR西日本によると、安全確保のためこの新幹線の乗客392人を下ろして運転を取りやめた。

この影響で山陽新幹線の上下線あわせて16本が最大で40分遅れ、およそ5600人に影響が出たという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ