東広島市でUターンしようとした学生の車と大型バイクが衝突

3月31日朝、東広島市の県道で道路をUターンしようとした車と大型バイクが衝突し、バイクを運転していた40歳の男性が死亡した。31日午前7時半すぎ、東広島市黒瀬町で道路脇で車をUターンさせ、県道に戻ろうとしたワンボックスカーと後ろから直進してきた大型バイクが衝突した。

この事故で大型バイクを運転していた竹原市吉名町の自営業、中川聡己さん(40)が意識不明の状態で病院に搬送されたが、およそ2時間半後に死亡が確認された。

車を運転していた19歳の大学生にケガはなかった。

現場は片側1車線の比較的見通しの良い県道で車を運転していた大学生はUターンしようと道路脇のスペースで車の向きを変え、県道に入ったところで大型バイクに衝突したと見られる。

県内で今年、交通事故で亡くなった人はこれで21人となった。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ