宮島フェリー「ななうら丸」が試験運転中に浅瀬に乗り上げる

3月26日、広島県廿日市市で、宮島のフェリーが大鳥居付近で動けなくなった。広島海上保安部によると、26日午後1時過ぎ、JR西日本宮島フェリーから「ななうら丸が宮島鳥居付近で乗り上げた」と118番通報があった。

ななうら丸は、宮島沖を航行中に乗り上げていて、けが人はいないという。油の流出などもないという。

JR西日本宮島フェリーによると、ななうら丸は、試験運転中で乗客はいなかった。午後0時半ごろ、回航で航路外に出港したが、午後1時5分ごろ、浅瀬に乗り上げたという。(RCC)



宮島フェリーななうら丸

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ