広島県警巡査長が福岡市で自転車の男性をはねてしまう

3月22日夜、福岡市で横断歩道を渡っていた自転車の男性を車ではね、けがをさせたとして広島県警の巡査長の26歳の男が現行犯逮捕された。過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕されたのは、広島県警地域課の巡査長垰本剛容疑者。

22日午後7時ごろ、福岡市東区箱崎の市道の交差点で、普通車を運転して横断歩道を渡っていた自転車をはね、乗っていた44歳の男性にけがをさせた疑い。

男性は意識はあるが現在も病院で治療を受けているという。

垰本容疑者は容疑を認めていて「赤信号を見落とした」と話している。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ