性的暴行で逮捕された警視正が激しい取調べと尋問で自殺か

2月17日夜、マッチングアプリで知り合った女性に性的暴行をしたとして逮捕・起訴された中国四国管区警察学校の警視正が、広島県警の留置施設で意識のない状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。警察は自殺を図ったとみている。死亡したのは、中国四国管区警察学校で指導部長を務めていた58歳の警視正。

警視正はマッチングアプリで知り合ったあわせて3人の女性に性的暴行をした罪などで起訴されていて、2月6日には、さらに別の女性2人に性的暴行をしたりしようとしたりしたとして、4度目の逮捕をされていた。

警察によると、警視正は広島市中区の広島中央警察署に留置されていて、17日夜8時すぎにトイレの中で意識のない状態になっているのを巡回中の警察官が見つけ、病院に運ばれたが、死亡が確認された。

当時、警視正は1人で留置されていて、遺書のようなものが見つかっていることから警察は自殺を図ったとみている。

警察は当時の状況や留置の態勢に問題がなかったか調べている。

広島県警察本部の大野勝俊留置管理課長は「警察の施設内で今回の事態が発生したことは遺憾だ。再発防止に向けて徹底した調査を行っていく」とコメントしている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ