尾道市の山陽道で被災地支援の宮崎県警のバスが横転

2月17日朝、尾道市の山陽自動車道で、能登半島地震の被災地支援に向かっていた宮崎県警察本部のバスが横転した。バスの運転手を含め警察官10人にけがはなく、この事故で広島県内の山陽自動車の上り線の一部区間がおよそ4時間半にわたって通行止めとなった。

17日午前7時半ごろ、尾道市を通る山陽自動車道の上り線の大羽谷トンネル付近で宮崎県警察本部のバスが横転した。現場は片側2車線でほぼ直線の道路で、警察によると、このバスは左車線を走っていたところ、中央分離帯に衝突し、そのはずみで横転したという。

バスには運転手を含め警察官10人が乗っていたが、けがをした人はいないという。

このバスは能登半島地震の被災地で支援にあたるために16日、宮崎県を出発し、広島県内で1泊したのち、石川県を目指していたという。

この事故の影響で山陽自動車道は、三原市の三原久井インターチェンジと尾道市の尾道インターチェンジの間の上り線がおよそ4時間半にわたって通行止めとなった。

警察はバスの運転手から話を聞くなどして事故の詳しい状況を調べている。

宮崎県警察本部の警備第2課は「事故の原因など詳しい情報は分からず、現在、確認を急いでいる。高速道路が通行止めとなり、ご迷惑をおかけして申し訳ない」とコメントしている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ