坂道に駐車した葬儀の送迎バスが動き出し1人が下敷きになる

2月8日午後、広島市安芸区で坂道に駐車中の中型バスが、何らかの原因で動き出し停めようと車体を押さえていた54歳の男性が下敷きになり亡くなり死亡した。

8日午後1時ごろ、広島市安芸区中野で葬儀の送迎のために坂道に駐車していた中型バスが、何らかの原因で動き出し、車体を手で押さえて止めようとした男性3人のうち1人が下敷きになった。

中型バスは建物に衝突して止まったという。

この事故で、バスの下敷きになった近くに住む小野村浩さん(54)が意識不明の重体で病院に搬送されたが、死亡が確認された。

バスは十数人が乗り込んだタイミングで勝手に動き出したということで、乗員乗客にけがはなかった。

警察はバスの運転手に事故の詳しい状況を聞くなどして調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ