【マイナ保険証】広島県民の7割が反対!顔認証の制度が悪い、災害時の停電に使えない

マイナンバーカードを使った「マイナ保険証」を巡り、広島県保険医協会(広島市南区)は県民を対象にしたアンケートの結果をまとめた。マイナ保険証を使ったことがある人のうち、7割が現行の健康保険証の存続を望んでいるとして、健康保険証を原則廃止とする政府方針の撤回を訴えている。

2023年11月10日から2024年1月9日までに、県内在住の531人から、はがきやインターネットで回答を得た。

マイナ保険証を使った経験のある98人のうち71.4%が「現行の健康保険証を残した方がよい」と回答。

使った感想として「顔認証の精度が悪い」などの不満が寄せられたという。全体では85.5%が健康保険証の存続を望んだ。

同協会の堂垣内あづさ事務局長は、能登半島地震に触れ「災害時にマイナ保険証は停電やインターネットの遮断で使えない。現行の保険証を残す対応を政府に求めていく」としている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ