84歳の男が運転するタクシーが89歳の男性をはねる

1月29日午前、広島市の市道で84歳の男が運転するタクシーが、89歳の男性をはねる事故があった。はねられた男性は病院に搬送されたが重体という。事故があったのは、広島市安佐北区亀山南の市道。

29日午前9時50分ごろ、北に向かって走行中のタクシーが、横断歩道を渡っていた89歳の男性をはねた。

男性は出血があり、病院搬送時、まばたきはするものの、会話ができず重体という。

この事故で、広島市安佐南区の84歳のタクシー運転手の男が過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕された。

調べに対し、「歩行者をはねたことには間違いない」と容疑を認めているという。

運転手の男にケガはなく、事故当時、タクシーは空車だったという。

現場は片側1車線の信号機のない交差点で、警察が事故の原因を調べている。(広テレ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ