広島市東区の高さ10メートルあるのり面で70代女性が転落死

1月21日午前、広島市東区の府中大川ののり面で、70代の女性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。21日午前8時50分ごろ、「奥さんが高い所から落ちている、意識がない」と男性から通報があった。倒れていたのは70代の女性で、近くの病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。発見当時、頭から出血があったという。現場は住宅街を通る府中大川の平林橋近くで、約10メートルの高さがあるのり面。(HOME)



広島市東区の府中大川 転落事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ