大麻取締法違反でバルコム元社長に懲役6カ月、執行猶予3年の判決

1月11日、乾燥大麻を所持したとして、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた広島市中区、バルコム(安佐南区)の元社長山坂哲大被告(38)の判決公判が広島地裁であり、日野浩一郎裁判官は懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)を言い渡した。

判決などによると、山坂被告は2023年9月6日午後0時半ごろ、中区の商業施設で乾燥大麻約0.137グラムを、同日午後11時ごろ、中区昭和町の当時の自宅で約0.436グラムをそれぞれ所持した。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ