東広島市西条で信号機のない横断歩道で人身事故

1月6日夕方、東広島市の市道の横断歩道を渡っていた64歳の女性が乗用車にはねられ死亡した。6日午後6時前、東広島市西条中央の市道の横断歩道を歩いて渡っていた、近くに住む玉津郁子さん(64)が、左から走ってきた乗用車にはねられた。

玉津さんは病院に運ばれたが、頭などを強く打っていておよそ1時間後に死亡が確認された。

警察は、乗用車を運転していた近くに住む無職の石田浩一容疑者(61)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕した。

警察の調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているという。

警察によると、現場は片側1車線の市道のT字路になっている交差点付近の横断歩道で、信号機はないという。

警察は容疑を過失運転致死に切りかえて、事故の詳しい状況を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ