府中市の県道432号で軽トラックと衝突した軽乗用車の男性が死亡

12月23日午後3時10分ごろ、府中市上下町有福の国道432号線で、軽乗用車と軽トラックが正面衝突した。この事故で、軽乗用車を運転していた近くに住む松本浩幸さん(62)が府中市内の病院に運ばれたが、腹を強く打っていて、およそ3時間半後に死亡が確認された。

軽トラックを運転していた70代の男性は、足を骨折する大けがをしたという。

警察によると、現場は片側1車線の見通しのよいほぼ直線の道路で、北から南に向かって走っていた軽乗用車が中央線をはみ出して反対車線の軽トラックと衝突したとみられるという。

警察が事故の状況を詳しく調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ