島根原発で作業員の男性が落下してきたコンクリートの下敷きになり死亡

12月21日午後、松江市の島根原子力発電所2号機の構内にある廃棄物処理建物の地下で、掘削作業をしていた男性作業員が落下してきたコンクリートの塊の下敷きになり、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。

中国電力によると、21日午後2時40分ごろ、松江市の島根原発2号機の構内にある廃棄物処理建物の地下で、地盤の掘削作業にあたっていた63歳の男性作業員が、落下してきた縦3メートル10センチ、横1メートル40センチ、厚さ15センチの大きさのコンクリートの塊の下敷きになった。

男性は胸などを強く打ち、意識不明の重体で市内の病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。

事故が起きた建物は、原子炉建屋の南側の放射線管理区域外にあり、男性は中国電力の協力会社の社員で、建物の基礎を強化するため地下で掘削作業にあたっていたという。

中国電力は「事故原因を究明し、再発防止を確実に図っていきます」とコメントしている。

警察は、安全管理に問題がなかったか、当時の詳しい状況を調べている。(NHK島根)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ