安芸高田市の石丸市長、未払いの選挙ポスター制作費支払い命じられる(広島高裁)

3年前の安芸高田市の市長選挙で、石丸伸二市長から選挙ポスターの作製を依頼された印刷業者が未払いの代金の支払いを求めた裁判の控訴審で広島高裁は一審を支持し、石丸市長に70万円あまりの支払いを命じた。

この裁判は、3年前の安芸高田市長選に立候補した石丸市長から選挙ポスターなどの印刷を依頼された広島市の印刷業者が未払いの製作費の一部、70万円あまりに支払いを石丸市長に求めていた。

石丸市長は製作費は公費で賄われる金額が上限となるべきだと主張しているが、一審は業者の訴えを認め石丸市長に支払いを命じていた。

石丸市長は一審判決を不服として控訴していたが、広島高裁は12月13日、「製作費は、公費負担額を上限とすべきとは言えない。依頼に応えるため休日出勤するなどした業者の見積額は相当」として一審判決を支持し、石丸市長の訴えを退けた。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ