みかじめ料を脅し取った共政会正木組を家宅捜索&幹部を逮捕

10月21日、飲食店経営者から「みかじめ料」として現金を脅し取ったとして、警察は暴力団組員の男ら2人を逮捕し、組事務所を家宅捜索した。10月20日午前、警察は、広島市中区西平塚町にある指定暴力団共政会正木組の事務所を家宅捜索した。

恐喝の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団共政会正木組の幹部・宮田紀之容疑者と、知人で会社役員の佐々木旭容疑者。

警察によると、2人は共謀して、去年3月ごろから広島市中区の飲食店経営の男性に対して、「次から面倒見てもらう人じゃけぇ」などと佐々木容疑者が宮田容疑者を紹介したあと、今年7月までの間、17回にわたって現金合わせて51万円を「みかじめ料」として脅し取った疑いがもたれている。

調べに対して宮田容疑者は「黙秘します」、佐々木容疑者は「知りません」と供述しているという。

警察は暴力団による組織的な関与の可能性が高いとみて、いきさつを調べている。(RCC)


共政会正木組幹部宮田記之容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ