兄を刺し殺した尾道の弟に懲役17年の判決

2021年、尾道市の住宅で男性の胸などを包丁で刺し、殺害した罪に問われている無職の弟に広島地裁は懲役17年の判決を言い渡した。判決によると、尾道市の無職・平岡公一被告(55)は2021年4月、自宅やその周辺で、兄の平岡良和さん(当時62)の胸などを刃渡りおよそ27センチの包丁で刺して死亡させた殺人の罪に問われている。

公一被告は公判で犯行を否認していたが、10月20日の判決公判で広島地裁の石井寛裁判長は、現場に残っていた血痕の付着状況などから平岡被告による犯行を認定したうえで、「被害者への突発的な不満から犯行に及んだことは身勝手で短絡的」と指摘。

さらに「一貫して容疑を否認するだけでなく、被害者家族を真犯人呼ばわりした上、警察と共に偽装工作を行ったなどと名誉を傷つける言動までしていて反省の態度は全く見られない」などとして、懲役17年の判決を言い渡した。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ