福山市の住宅会社で機材レンタル会社の社員が長机を搬入中に台車の下敷きになって死亡

10月21日午前、福山市にある住宅会社の駐車場で、机の搬入作業をしていた30代の会社員が長机の入った台車の下敷きになって死亡した。21日午前8時30分ごろ、福山市南手城町にある住宅会社の駐車場で、機材レンタル会社の会社員、佐藤竜基さん(35)がトラックの荷台から長机が28個入ったかご型の台車を降ろす作業をしていたところ、台車が倒れ、下敷きになった。

佐藤さんは病院に搬送されたが、およそ1時間半後に死亡が確認された。

住宅会社のイベントで使う長机を運んでいたということで、警察の調べによると、かご型の台車は縦110センチ、横110センチ、高さ200センチで、28個の長机と合わせると重さはおよそ450キログラムだったという。

警察が事故の詳しい原因を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ