福山の鬼嶋先生が盗撮やり過ぎで再逮捕

4年前、勤務する小学校の校舎内でこの学校に通っていた女子児童の下半身をカメラで撮影したとして、福山市の50歳の教諭が強制わいせつの疑いで再逮捕された。再逮捕されたのは福山市の市立小学校の教諭、鬼嶋良毅容疑者(50)。

警察によると、4年前の2019年11月と12月の 2回にわたり、当時勤務していた福山市内の小学校の校舎内でこの学校に通っていた10代の女子児童の下半身をデジタルカメラで撮影したとして、強制わいせつの疑いがもたれている。

鬼嶋容疑者は、今回の容疑の数か月後の2020年2月、同じ児童の下半身をカメラで撮影したとして9月26日にも逮捕されたが、この容疑については処分保留となった。

一方。警察が証拠品のデジタルカメラなどを詳しく調べた結果、容疑者がこのカメラを女子児童への撮影に使用した疑いがあることがわかったという。

警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということで、警察は詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ