知人の遺体を損壊して海に遺棄した31歳の男を逮捕

広島市佐伯区の親族の住宅で、知人の70歳の男性の遺体を損壊し、一部を海などに遺棄したとして31歳の容疑者が逮捕された事件で、遺体の損壊は親族が不在の間に行われたという。広島市佐伯区のパート従業員渡部大地容疑者(31)は一昨年10月、佐伯区内にある祖母が住む住宅で、知人で警備員の植木秀俊さん(70)の遺体を刃物を使って切断するなどして損壊したほか、一部を海などに遺棄した疑いで10月1日に逮捕された。

住宅の敷地に埋めたとみられる遺体の一部や凶器は見つかっていないということで、警察は10月2日朝から現場を詳しく調べている。

渡部容疑者は、祖母の自宅を頻繁に訪れていたことが分かっているが、遺体の損壊は親族が不在の間に行われたとみられることが分かった。

警察は、発覚を遅らせる狙いで損壊して遺棄したとみて詳しく調べるとともに、男性が死亡した詳しいいきさつについても捜査を進める方針。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ