安佐南区の国道54号で深夜寝そべっていた会社員がゴミ収集車にひかれて死亡

9月17日未明、広島市内の国道で道路に横たわっていた男性が、ゴミ収集車にはねられ死亡した。事故があったのは、広島市安佐南区西原の国道54号。17日午前1時過ぎ、国道を北に向かって走行していたゴミ収集車が、道路に横たわっていた男性をはねた。

はねられたのは広島市安佐南区の会社員・青木靖博さん(61)で、病院に搬送されたが、頭を強く打ち、およそ1時間後に死亡した。

青木さんは中央分離帯側の車線に横たわっており、近くに横断歩道はなかった。警察が通行目的など、事故の原因を調べている。

この事故で、広島県内の交通事故による死者数は54人となり、去年に比べて増えている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ