性的姿態等撮影処罰法違反で福山市の会社員を逮捕

7月14日、福山市のコンビニエンスストアで10代の女性のスカートの中を撮影した性的姿態等撮影処罰法違反の疑いで、32歳の男が逮捕された。7月13日にこの法律が施行されたあと県内では初めての逮捕者だという。

性的姿態等撮影処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、福山市駅家町の会社員・山田英輝容疑者(32)。

山田容疑者は7月14日午後0時半ごろ、福山市新市町にあるコンビニエンスストアで、10代の女性のスカートの中に小型カメラを差し入れ性的な動画を撮影した疑いがもたれている。

警察によると、山田容疑者は、穴を開けたサンダルに小型カメラを隠して犯行に及んでいたという。

調べに対し山田容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。(TSS)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ