三次市の整骨院で置時計隠しカメラで客の着替えを盗撮

7月12日、接骨院で女性客を盗撮していたいとして、柔道整復師の男(35)が逮捕された。広島県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、広島県三次市の柔道整復師の男(35)。警察によると、男は6月下旬から7月3日までの間に、3回にわたって、自身が経営する接骨院の施術室に「置き時計型カメラ」を設置し、30代の女性客2人を撮影した疑い。

調べに対し、男は「防犯のために設置していた」と、容疑を否認しているという。

個室で施術を受けていた女性が、カメラがあることに気づき、警察署に被害を相談して発覚した。

警察が押収したカメラには、施術を受けるために女性が着替えていたり、施術を受けたりする様子が写っていたということで、警察は余罪についても調べている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ