「やり返したら死んでしまった」呉で交際相手を殺害した女が正当防衛を主張

一昨年、広島県呉市のアパートで交際相手の男性を包丁で刺して殺害した罪に問われた女の裁判員裁判が始まった。裁判では、女が事件後に110通報した後の音声が明らかになった。

起訴状によると、住所不定・無職の 井上由利恵 被告(37)は、一昨年12月、呉市八幡町のアパートで、この家に住む奥村康之さん(当時39)の背中を殺意を持って包丁で2回突き刺し、殺害した罪に問われている。

髪を後ろで1つに結んだ姿で証言台に立った井上被告は、起訴状の内容について間違いがないか問われると「殺すつもりはありませんでした」と涙声で答えた。

検察側は、冒頭陳述で、「半同棲生活をしていた奥村さんと井上被告は飲食をしていたところ、口論になり、井上被告は奥村さんから顔を殴られた」「井上被告は台所の包丁を持ってリビングに戻り、こたつに座っていた奥村さんの背中を包丁で刺した」と指摘した。

一方、弁護側は、「井上被告は奥村さんと口論になり、顔を数回強く殴りつけられて身の危険を感じた」「包丁で威嚇をしたが、それでも顔を強く殴られ、肩をめがけて包丁を刺したがもみ合いになったので背中に刺さった」と主張。

殺意はなく、正当防衛が成立するとして殺人罪について無罪を主張した。

その後の証拠調べでは、事件当時、警察が現場で撮影した井上被告の顔写真が法廷の大きなスクリーンに表示された。検察は「両目や両頬が赤く張れ、鼻血が出ていた」と説明した。

また、井上被告が110番通報した際に警察とやりとりをする音声も明らかになった。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ