「ペットボトルの中身がかかった!?」因縁の電話を会社にかけた男を逮捕

車が踏んだペットボトルの中身が自分や家族にかかったと因縁をつけ、クリーニング代の名目で現金をだましとった男が5月23日、逮捕された。詐欺の疑いで送検されたのは住居・職業ともに自称・福山市御幸町中津原の建築土木業、有馬誠司容疑者(48)。

警察によると、有馬容疑者は車の側面に書かれた会社名を元に、会社に嘘の電話をかけたという。有馬容疑者は4月28日、被害者の勤務先に「おたくの車が福山のサービスエリアでゴミを踏んだ」「ペットボトルを踏んで中身が噴き出して、自分と嫁と子どもにかかった」などと嘘の電話をかけるなどし、会社員の男性(46)からクリーニング代などとして現金2万円をだまし取った疑い。

調べに対し有馬容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

有馬容疑者は独身で、福山サービスエリアなどで同様の被害が数件確認されているということで、警察は余罪についても調べている。(TSS)


福山市 有馬誠司容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ