医療関連施設でマスクの着用を巡って利用者同士でトラブル

4月27日朝、広島市の医療関連施設で、利用者の男がカッターナイフで別の利用者を切りつけ逮捕された。2人は以前からマスクをめぐりトラブルになっていたという。

27日午前8時50分ごろ、広島市安芸区中野東の医療関連施設で、この施設を利用していた無職・橋本照美容疑者が51歳の男性利用者を所持していたカッターナイフで切りつけた。

男性は首などに軽いケガを負ったが、命に別条はないという。

調べに対し、橋本容疑者は「首を切ったのは間違いないが、殺すつもりはなかった」と供述しているという。

施設内ではマスクの着用が求められているが、警察は橋本容疑者がマスクをつけていなかった男性に腹がたち、犯行に及んだとみて事件のいきさつを詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ