呉市中央で雑居ビル火災、70代男性が意識不明の重体

3月30日、呉市の中心部で、雑居ビルの一室が全焼し、この部屋に住む70代の男性が意識不明の重体になっているという。30日午前5時半ごろ、呉市中央2丁目の店舗や住居などが入る8階建てのビルから黒い煙が出ていると近くに住む人から消防に通報があった。

現場は呉市の中心部で、消防車など10台が出て消火にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められた。この火事で3階の一室が全焼し、この部屋に住む70代の男性が顔にやけどをするなどして病院に搬送され、意識不明の重体となっている。

警察によると、部屋には男性の妻も住んでいるが外出していて無事だったという。

警察と消防は、火事の原因を調べることにしている。

現場はJR呉駅から北に300メートルほどの雑居ビルやオフィスビルなどが建ち並ぶところ。(NHK広島)


呉市 雑居ビル火災

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ