福山西署の男性警部補が拳銃誤射

3月28日、広島県警は福山市の福山西署の男性警部補(62)が署内で拳銃1発を誤って発射したと発表した。けが人はいないという。 県警監察官室によると、警部補は28日午後2時50分ごろ、1階拳銃庫内で拳銃の手入れ中、拳銃の収納棚に向けて1発を誤射したという。同署の久保道丸次長は「署内での拳銃の手入れ中に起きたもので、幸いにも負傷者はいなかったが、誤射したことを重く受け止めている。原因を詳しく調査し、再発防止に努めたい」としている。 (中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ