所持金73円で豪遊&無銭飲食で100万円使った男

3月23日、広島市の飲食店で酒などを注文し、代金およそ33万円を支払わなかったとして、無職の男(23)が再逮捕された。男は事件の次の日にも、別の飲食店でおよそ66万円を無銭飲食した疑いで、3月3日に逮捕されていた。詐欺(無銭飲食)の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の男(23)。

男は3月1日午後10時半ころから翌2日午前5時前までの間、広島市中区堀川町の飲食店で、酒類などを注文しながら、代金合計33万7000円を支払わなかった疑い。

男が料金を支払わずに立ち去ったため、店の店長が警察に通報したという。

調べに対して男は「お金がないのにお酒を飲んだことに間違いないが、代金は知人が支払うことになっていた」と供述しているという。

被害にあったのは接客サービスを伴う飲食店で、男は1人で来店してボトルなど注文した。酒代は、およそ24万5000円だったという。

男はこの事件の後、3月2日夜にも広島市中区の別の飲食店で酒などを注文したのに、代金およそ66万6000円を支払わなかったとして、3日未明に逮捕されていた(処分保留)。その際も、男は「知人があとから支払ってくれると思っていた」と供述していた。

当時、所持金は73円だったという。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ