2022年転出超過、中国地方107自治体で広島市が第1位、魅力がない

転出する人数が転入数を上回る転出超過が中国地方で深刻だという。総務省の2022年「住民基本台帳人口移動報告」によると中国地方の107自治体のうち転出超過は8割の85自治体に上り、前年より6カ所増えた。中国地方ワースト1は広島市で、全国でも3番目に多かった。

転出超過をみると広島市が2522人と、2年連続で中国地方のワースト1だった。2位は岡山市の2467人。3位は広島県福山市の2404人、4位は同県呉市の1554人、5位は山口県下関市の1168人だった。

中国地方の大都市における人口流出は、他地域と比べて目立っている。

全国の転出超過数を自治体別に並べると、ワースト1の兵庫県神戸市3174人、2位の千葉県成田市2554人に続き、広島市は3位だった。

他にも岡山市が6位、福山市が7位と、ワースト10に3市が入る結果となった。(中国)

広島市民から寄せられた声

「広島市は市民から集めた税を平和事業に使い過ぎ」
「広島空港は三原市に移るなど行政政策がおかしい」
「街作りも広島駅前と八丁堀に別れて開発が今も進み統一感なく不便」
「若い人が定住したい地域や企業、都会とのアクセス、学びたい学校、子育てしやすい社会資源。全てが中途半端」
「湯崎県知事も松井市長も官僚主義的で国の意向を尊重する傾向にある」
「道路事情は中国地方で一番最悪」
「被爆都市よりも魅力的な都市作りを」

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ