飲酒運転&ひき逃げで海上防衛技官を逮捕

先月、呉市の国道で酒を飲んで乗用車を運転して軽乗用車と衝突し、運転していた男性にけがを負わせたうえ、そのまま逃げたとして、海上自衛隊の53歳の防衛技官が危険運転傷害などの疑いで逮捕された。逮捕されたのは、呉市にある呉造修補給所貯油所に勤める防衛技官の吉松洋容疑者(53)。

警察によると、吉松技官は、1月30日午前5時すぎ、呉市海岸4丁目の国道31号線で、酒を飲んで乗用車を運転して対向車線にはみだして軽乗用車と衝突し、運転していた35歳の男性に首のねんざなどのけがを負わせたうえ、そのまま逃げたとして危険運転傷害などの疑いがもたれている。

吉松技官は出勤中だったということで、事故のあった当日に警察から任意で事情を聞かれた際には、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたという。

逮捕後の警察の調べに対し「酒に酔っているとは思わなかった。相手がいないと思って立ち去った」と話し、容疑を否認しているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ