府中緑ヶ丘中学校の教頭先生が商業施設で盗撮して逮捕される

1月6日夕方、広島市中区にある商業施設で、前方に立つ人のスカートの中を盗撮しようと小型カメラを差し入れたとして、中学校の教頭が県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、呉市に住む川西昭彦容疑者(54)で府中町にある府中緑ヶ丘中学校の教頭だという。

【府中緑ヶ丘中、生徒自殺問題】
府中緑ヶ丘中3年生徒自殺問題で遺族側が損害賠償を求めて提訴

6日午後6時半すぎ、広島市中区新天地にあるディスカウントストアのエスカレーターで、前方に立つ人のスカートの中を盗撮しようとペン形の小型カメラを差し入れたとして、県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれている。

警察によると、カメラはビジネスバッグに仕込まれていて、近くにいた人が犯行に気付き、警察に通報したという。警察の調べに対し、川西教頭は「私がやったことに間違いありません」などと供述し、容疑を認めているということで、警察が詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ