広島の事件事故問題レポート

カテゴリ殺人・殺人未遂 1/7

自転車で全国を旅する男が深夜に家電量販店の駐車場で殺人未遂

5月20日未明、海田町の家電量販店の駐車場で、20歳の男性の首を切りつけ、ケガをさせたとして、48歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、住所不定の無職、橋本哲郎容疑者(48)。橋本容疑者は20日午前1時45分ごろ、海田町にある家電量販店の駐車場で、この駐車場に友人ら2人と一緒にいた20歳の男性の首をナイフで切りつけたとして、殺人未遂の疑いが持たれている。切りつけられた男性は、首の左側におよそ5センチの...

  •  0
  •  0

妻の首を刺した広島市西区の64歳の夫を逮捕

5月2日未明、広島市で61歳の妻の首を包丁で繰り返し刺してけがをさせたとして、64歳の夫が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、広島市西区庚午中の無職、大岡義幸容疑者(64)。大岡容疑者は2日午前2時ごろ、自宅で61歳の妻の首を包丁で繰り返し刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いが持たれている。妻から警察に「首を刺された」と通報が寄せられ、駆けつけた警察官がその場で逮捕したということで、妻は病院に...

  •  0
  •  0

原爆ドーム付近で包丁で観光客を刺そうとした男を逮捕

3月25日昼前、広島市の平和公園にある原爆ドーム付近で、観光客の男性の背中をいきなり包丁で突き刺そうとした42歳の容疑者が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、広島市西区天満町の無職、東政則容疑者(42)。25日午前11時20分ごろ、広島市の平和公園にある原爆ドーム付近で、県外から観光に来ていた81歳の男性の背中や腹を包丁で突き刺そうとしたとして、殺人未遂の疑いが持たれている。男性と一緒に観光に来ていた親...

  •  0
  •  0

尾道の住宅に火をつけ祖父を殺害した孫に懲役12年の判決

3月22日、尾道市の住宅に火をつけて祖父を殺害したとして、殺人と放火の罪に問われた24歳の孫の裁判で、広島地方裁判所は「知的障害の影響で犯行の重大性を十分には理解できていなかった」などとして懲役12年の判決を言い渡した。尾道市の無職、濱元佑太被告(24)は去年5月、尾道市三軒家町の住宅に火をつけて全焼させ、この家に住む79歳の祖父を殺害したとして、殺人と放火の罪に問われた。これまでの裁判で、被告の弁護士は被告...

  •  0
  •  0

「殺そうと思って力いっぱい刺した」ローソン広島長束2丁目店で無職の男が暴れる

3月19日午後1時10分頃、広島市安佐南区長束のコンビニ店「ローソン広島長束二丁目店」で、女性2人が刃物を持った男に襲われた。女性客(59)が脚を刺され、女性店員(25)も指を切られていずれも病院に搬送されたが、命に別条はないという。男はその場で取り押さえられ、安佐南署が2人に対する殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。逮捕されたのは、近くの無職の男で内田秀夫容疑者(76)。男は女性客の太ももを刃物で刺した後、カウン...

  •  0
  •  0

三原市グループホーム入居者同士のトラブル初公判「異星人を殺す必要がある」

去年2月、三原市のグループホームで入居者の男性を刃物で殺害した罪に問われている同居人の男の初公判が開かれ、男は起訴内容を認めた。起訴状などによると、三原市の無職・寺本正寛被告(72)は、去年2月、三原市の病院が運営するグループホームで同居人だった当時59歳の男性の首を包丁で複数回刺すなどして殺害した罪などに問われている。3月6日、広島地裁で開かれた裁判員裁判の初公判で寺本被告は「間違っていません」と起訴内...

  •  0
  •  0

三原市の店舗で男性が刃物で襲われる

1月19日夜、三原市の店舗で男性が刃物で襲われる事件があり、警察が逃げた男の行方を追っている。19日午後6時ごろ、三原市皆実にある店舗の関係者から「刃物で襲われてけがをした」と110番通報があった。通報した成人男性が下半身に切り傷を負い、病院に搬送されたが、命に別状はなかった。男性を襲った男はその場から逃走した。2人は面識があったということで、警察は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べるとともに、逃...

  •  0
  •  0

兄を刺し殺した尾道の弟に懲役17年の判決

2021年、尾道市の住宅で男性の胸などを包丁で刺し、殺害した罪に問われている無職の弟に広島地裁は懲役17年の判決を言い渡した。判決によると、尾道市の無職・平岡公一被告(55)は2021年4月、自宅やその周辺で、兄の平岡良和さん(当時62)の胸などを刃渡りおよそ27センチの包丁で刺して死亡させた殺人の罪に問われている。公一被告は公判で犯行を否認していたが、10月20日の判決公判で広島地裁の石井寛裁判長は、現場に残ってい...

  •  0
  •  0

知人の遺体を損壊して海に遺棄した31歳の男を逮捕

広島市佐伯区の親族の住宅で、知人の70歳の男性の遺体を損壊し、一部を海などに遺棄したとして31歳の容疑者が逮捕された事件で、遺体の損壊は親族が不在の間に行われたという。広島市佐伯区のパート従業員渡部大地容疑者(31)は一昨年10月、佐伯区内にある祖母が住む住宅で、知人で警備員の植木秀俊さん(70)の遺体を刃物を使って切断するなどして損壊したほか、一部を海などに遺棄した疑いで10月1日に逮捕された。住宅の敷地に...

  •  0
  •  0

知人男性の頭を殴った福山の涼太くんがやりすぎで逮捕される

8月30日未明、福山市で知人の男性の頭などを複数回殴るなどし、ケガをさせたとして会社員の男が殺人未遂などの疑いで逮捕・送検された。福山市川口町の会社員、若林涼太容疑者(22)は、30日午前1時40分ごろから午前1時55分ごろにかけて、近くに住む会社員の女性(23)の住宅に侵入し、会社員の男性(29)の背中や頭を金属製の鈍器や素手で複数回殴った疑いが持たれている。男性は命に別状はなく軽傷だという。連絡を受けた別に住...

  •  0
  •  0

広島市安佐南区で父親を刺し殺した58歳無職の息子を逮捕

8月19日午後、広島市安佐南区の住宅で、85歳の父親を刃物で刺して殺害したとして、58歳の無職の息子が殺人の疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは、広島市安佐南区大塚西の無職、若尾育伸容疑者(58)。若尾容疑者は、19日午後4時ごろから午後7時ごろまでの間に、自宅で同居している父親の若尾利明さん(85)の首などを刃物で数回刺して殺害したとして、殺人の疑いが持たれている。若尾容疑者は、自ら警察に「人を殺した」と通...

  •  0
  •  0

福山で車のボンネットに人を乗せたまま走行

7月20日、福山市で車のボンネットに男性を乗せたまま走行した男が逮捕された。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、福山市北吉津町の会社員池田耕三容疑者(66)。警察によると池田容疑者は20日、福山市木之庄町で殺意をもって男性(59)を車のボンネットに乗せたままおよそ50メートル走行した疑いがもたれている。男性は頭や胸の骨などを折る重傷だという。池田容疑者は現場から逃走したが、20日夜遅く、警察署に出頭した。池田容疑...

  •  1
  •  0

呉の交際相手殺害事件、37歳の女に懲役8年求刑

2021年、呉市の住宅で交際相手の男性を包丁で刺して殺害した罪に問われた37歳の被告の裁判員裁判で、広島地方裁判所は「被害者の命が失われたという結果は重大だ」などとして、懲役8年の判決を言い渡した。住居不定・無職の井上由利恵被告(37)は2021年12月、呉市八幡町の住宅で交際相手の男性の背中を包丁で刺して殺害したとして殺人の罪に問われていた。これまでの裁判で、被告は「殺すつもりはありませんでした」と述べて殺意...

  •  0
  •  0

「やり返したら死んでしまった」呉で交際相手を殺害した女が正当防衛を主張

一昨年、広島県呉市のアパートで交際相手の男性を包丁で刺して殺害した罪に問われた女の裁判員裁判が始まった。裁判では、女が事件後に110通報した後の音声が明らかになった。起訴状によると、住所不定・無職の 井上由利恵 被告(37)は、一昨年12月、呉市八幡町のアパートで、この家に住む奥村康之さん(当時39)の背中を殺意を持って包丁で2回突き刺し、殺害した罪に問われている。髪を後ろで1つに結んだ姿で証言台に立った井上...

  •  0
  •  0

海田町強盗殺人犯 今泉俊太容疑者が茨城のクソヤンキーだった

2022年6月2日、広島県海田町で竹内義博さん(71)を監禁し、16時間に及ぶ暴行を加え死亡させたとして、監禁罪、死体遺棄罪、強盗致死罪の疑いで逮捕・起訴された今泉俊太容疑者(32)。なぜ一線を越えてしまったのか。以下、文春オンラインから引用。今泉容疑者と地元が同じで交流のあった30代の知人男性Aさんは、かつての今泉容疑者について「ただの茨城のヤンキーでしたよ」と話す。「バイクや車で暴走行為を繰り返しているどこ...

  •  0
  •  0

ペルー人が呉の姉妹の家に侵入してハサミで刺す

2月10日、広島県呉市の住宅に侵入し、19歳と27歳の姉妹をハサミで刺したとして、殺人未遂などの疑いでペルー人の男が逮捕された。住居侵入と殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、ペルー国籍で住所不定・職業不詳のロヨラ・カワシマ・マヌエル・アブラハム容疑者(35)。警察によると、ロヨラ・カワシマ容疑者は、10日午前8時ごろ、呉市内の住宅に侵入し、この家に住む27歳の姉と19歳の妹、2人の首などをハサミで刺した疑いがもたれて...

  •  0
  •  0

三原市のグループホームで男性が首から血を流して死亡

2月2日朝、三原市にある病院のグループホームの部屋で、59歳の男性が首から血を流して死亡しているのが見つかった。警察は70代の男の身柄を確保して事情を聞いていて、容疑が固まりしだい、殺人の疑いで逮捕する方針。2日午前7時15分ごろ、三原市小泉町にある病院のグループホームの部屋で、「男性が倒れていて首から血が出ている」と、病院の職員から警察に通報があった。警察や消防がかけつけたところ、この部屋で1人で暮らす杉...

  •  0
  •  0

福山市のリサイクルショップ女性店員が母親の背中を包丁で刺す

1月26日、福山市の住宅で母親を包丁で刺して殺害しようとしたとして28歳の娘が逮捕された。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、リサイクルショップ店員の佐藤博美容疑者(28)。佐藤容疑者は去年10月、福山市内の自宅で58歳の母親の背中を包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれている。母親は病院に搬送されたが、命に別条はないという。調べに対し、佐藤容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。警察は、...

  •  0
  •  0

鳥取不審死殺人事件の犯人・上田美由紀死刑囚が広島拘置所で死亡

1月15日、法務省は、いわゆる「鳥取連続不審死事件」で強盗殺人などの罪で死刑が確定した上田美由紀死刑囚(49)が昨日、窒息死したと発表した。のどに食べ物を詰まらせ、救急搬送されたという。上田美由紀死刑囚(49)は、鳥取県で2009年に知人男性2人を借金の返済から逃れるため睡眠薬を飲ませたうえ、海や川で溺死させたなどとして強盗殺人の罪などに問われ、2017年に死刑が確定していた。法務省によると、上田死刑囚は1月14日...

  •  0
  •  0

福山市高西町の歩道橋の下で女性が首から血を流して倒れていたのが見つかる

12月23日、福山市の歩道橋の下で、女性が首から血を流して倒れていたという。23日午前8時ごろ、広島県福山市高西町の歩道橋の階段下で、女性が首から血を流した状態で倒れているのが見つかった。女性はその後、死亡が確認されたという。女性は40~50歳代とみられていて、近くには包丁も落ちていたという。警察が自殺と他殺の両面で捜査している。(RCC)...

  •  0
  •  0

高齢者施設で同部屋の入居者同士でケンカのトラブル

9月12日、熊野町の高齢者施設で、同じ施設に入所している男性の頭をはさみで刺し殺害しようとした疑いで男が逮捕された。12日午後7時半ごろ、男は熊野町の施設で77歳の男性の頭部をハサミで複数回刺し殺害しようとした殺人未遂の疑いがもたれている。刺された男性(77)は頭から血を流して病院に搬送されたが命に別状はないという。調べに対し男は「私がしたことにまちがいありません」と容疑を認めているという。2人は同じ施設の...

  •  0
  •  0

酒飲んで夫婦ゲンカして妻の首を絞め殺そうとした呉の男を現行犯逮捕

9月4日夜、呉市で妻の首を手で絞めるなどして殺害しようとした疑いで、35歳の夫が逮捕された。殺人未遂で現行犯逮捕されたのは、呉市中央5丁目の自称会社員、大畠崇裕容疑者(35)。警察によると、大畠容疑者は呉市中央5丁目の駐車場で妻(31)の首を手で複数回絞めるなどして、殺害しようした疑いが持たれている。警察の調べに対して「殺そうとしたわけではありません」と容疑を否認しているという。妻からの通報を受けて事件が発...

  •  0
  •  0

帰宅中の48歳の息子に腹を立てた母親が包丁で突き刺す

一時帰宅中の48歳の息子を包丁で複数回突き刺すなどして殺害しようとした疑いで71歳の女が逮捕された。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、広島市安佐北区三入の無職・中島美恵子容疑者(71)。警察によると。中島容疑者は28日午後4時30分ごろ、中島容疑者が夫と2人で住む自宅で、一時帰宅していた48歳の息子の首付近を包丁で複数回突き刺すなど、殺害しようとした疑いが持たれている。息子は首や背中などに切り傷を負ったが命に別条...

  •  0
  •  0

職場の同僚の首を絞めて液体をかけた?悪口を言われたのか?

8月25日朝、福山駅前の工事現場で、同僚の68歳の女性に何らかの液体をかけてやけどを負わせたたうえ、ベルトで首を絞めたとして、57歳の女の会社員が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは福山市山手町の会社員、佐藤千加子容疑者(57)。25日午前7時ごろ、福山市三之丸町の工事現場で会社の同僚の68歳の女性の背中などに何らかの液体をかけてやけどを負わせたうえ、ベルトで首を絞めたとして、殺人未遂の疑いがもたれている...

  •  0
  •  0

廿日市市ホテル男子大学生殺害事件で31歳の男を逮捕

去年11月、広島県廿日市市内のホテルで男子大学生を殺害したとして、広島県警は広島市内の職業訓練生の男を殺人の疑いで逮捕した。逮捕されたのは、広島市西区の職業訓練生、南波大祐容疑者(31)。警察によると、南波容疑者は、21年11月21日夜、廿日市市内のホテル内で、愛知県清須市の大学生、安藤魁人さん(当時21)に対して、何らかの方法でアルコールなどを大量に摂取させ、低酸素脳症により死亡させ殺害した疑い。広島県警に...

  •  1
  •  0

内縁の夫を殺害した福山市の女に懲役14年の判決

2020年、福山市で会社役員の男性を殺害したなどとして、殺人などの罪に問われた内縁の妻に、広島高等裁判所は1審と同様に懲役14年の判決を言い渡した。福山市の無職、福山美保被告(54)は、20年2月、内縁の夫で45歳の会社役員を殺害したなどとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた。1審の広島地方裁判所は、被告が被害者から日常的に暴力を受けたことが背景にあったとした一方で、悪質な犯行だなどと指摘し、懲役14年の実刑判決を...

  •  0
  •  0

安倍元総理銃撃の瞬間、警官が女子高生とぶつかる不自然な報道写真

2022年7月8日午前、奈良市の近鉄大和西大寺駅前付近で街頭演説を行っていた安倍晋三元総理が銃撃された報道写真に、不自然な光景が写っていたのが気になっていた。その光景とは、銃撃した犯人の山上徹也容疑者(41)が最初に様子をうかがっていた歩道の近くだ。写真の左側を見ると、両足がひっくり返って見えていたので何があったのかと不思議に思っていたが、その理由が分かった。警官と女子高生がぶつかって車に轢かれそうになる...

  •  0
  •  0

安倍元総理銃撃の警備体制、ガードレールの中での警護が問題か

安倍晋三元総理が奈良市での街頭演説中に銃撃され死亡した事件では、近づく男を警察官が制止できず至近距離での発砲を許したことから、警備上の問題が指摘されている。特に1発目の発砲直後に安倍氏をかばおうとする姿もなかったことが問題視されている。安倍氏を銃撃した山上徹也容疑者(41)は、車道を挟んだ斜め後方の歩道にいて、周囲をうかがう様子だった。演説が始まって2分が過ぎた頃、山上容疑者が車道に出て安倍氏の背後に...

  •  0
  •  0

安倍晋三元総理を至近距離から銃撃した山上徹也容疑者「宗教団体に恨み」とその生い立ち

7月8日、安倍晋三元総理(67)が奈良市で街頭演説中に男に銃撃され、病院に搬送されたが死亡が確認された。8日午前11時半ごろ、大和西大寺駅近くで街頭演説をしていた安倍元総理が銃撃され、山上徹也容疑者(41)=奈良市大和町=が殺人未遂の現行犯で逮捕された。安倍元総理は、ドクターヘリで救急搬送されたが、午後5時過ぎ、病院で死亡が確認された。安倍元総理の治療にあたった奈良県立医大病院では、午後6時すぎから会見を開...

  •  0
  •  0

矢野西の尾崎神社で知人男性を殺害しようとした女が逮捕される

6月21日、広島市安芸区の神社で30代の男性を刃物のようなもので刺し殺害しようとしたとして、男性の知人で40歳の容疑者が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、広島市中区東白島町の無職、岡崎静佳容疑者(40)。岡崎容疑者は21日午後3時すぎ、広島市安芸区矢野西5丁目の尾崎神社の境内で、広島市安芸区の39歳の男性の背中などを刃物のようなもので刺し殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いが持たれている。男性は重傷...

  •  0
  •  0